ゆにプレイ

ゆにプレイ

2018/10/02公開

概要

ゲームアプリ3作目 色んなアセットを使ったり、今までで一番手を込めました。 初めてゲームらしいゲームを作れた気がします。あくまで 個人としてはですが。 本当なら8月下旬には公開出来たと思っていたけど、伸びに伸びて10月に。 微調整にてこずった。細かいバグがいくつも出てきたり。 しかも、9月中旬からフォートナイトにはまってしまい、さらに伸びる結果に。 我ながら、どうかと思う……。 しかし、なんとか形にすることができました。
2018/10/04:UnityAnalytics導入
プレイヤーデータを収集するツール。
2018/10/05:カメラの動きを調整
2018/10/10:リザルトを追加
受けたダメージと取得したコインで評価
2018/10/14:最適化、容量削減
2018/10/22:多言語対応
2018/10/26:森ステージを追加
2018/11/24:墓場ステージを追加

お借りした素材

『たぬき油性マジック』は、普通紙に極太油性マジックで書いた手書き文字から作成した無料日本語フォントです。漢字も多数収録しています。

制作日数

制作を始めたのが2018/07/02。 公開が2018/10/02。 ちょうど3か月目の同じ日。 一日8時間はやっていたはず。 しかし、3週間は手を付けない日があったかも……。 実際の作業時間としては、ざっっっくりまとめて600時間くらいだろうか。

進捗記録

予約トップ10. 制作中のアプリの進捗状況や作りながら思ったことなんかをざっくりと。 記事に残そうと思い立ったのが時間が...

感想

いろんなアセットを使ってみた。 イラストや音楽が全くできないのでとても助かった。 あとはシステムの面でも。 正直自分の力だけで、つくろうと思ったらもっと時間がかかっていたと思う。 アセットの使い方を覚えるのにも時間がかかったけれど、それでも、かなり短縮できたはず。 なにより、心のこもった創作物を自由に動かせるのはとても気持ちが良かった。 イラストなんかの素材から自分でつくれたら、とも思うけど……うん。厳しい。 予約トップ10を使ってみたり、Twitterに進捗も上げてみたり。宣伝にも少しは気を使ってみたり。 正直少しはダウンロードされてほしい。 そればかりは「良いモノ」を創らないとどうしようもない気もする。 ステージも少ないまま、リリースしてしまった。 早く公開したくなってしまった。 随時更新していこう。