FactoryMethod:kotlin

気を付けたこと

  • kotlinでは複数のクラスを一つのファイルにまとめることが出来るのでまとめた
  • packageprivateは無いのでinternalを使った
  • コンストラクタにアクセス修飾子を付けるときの書き方
  • 文字列リテラルに${式}の形で直接変数や式を埋め込める

パッケージ

kotlinでは「packageprivate」のアクセス修飾子は無いです。代わりに「internal」があります。同じモジュールからのみアクセスできます。別にモジュールに分けなくてもpackageキーワードは使えますが、internalを使えるので分けといた方が良い気がします。あとjavaのようにフォルダ名とパッケージ名が一致している必要は無いみたいですが、javaと合わせておいた方が良い気がします。こちらが参考になりました。

Intellijでモジュールを追加する

追加したいフォルダを右クリックして新規➡モジュール。

ダイアログに従ってモジュール名を決めて作成する。

モジュールの依存関係を追加する

使用する側のクラスが含まれるフォルダを選択してf4キー(ファイル➡モジュールを追加)を押下。

依存関係タブの+ボタンを押して追加したいモジュールを選択。


Main.kt

import idcard.IDCardFactory

fun main(args: Array<String>) {
    val factory = IDCardFactory()
    val card1 = factory.create("結城浩")
    val card2 = factory.create("とむら")
    val card3 = factory.create("佐藤花子")
    card1.use()
    card2.use()
    card3.use()
}

Framework.kt

package framework

abstract class Factory {
    fun create(owner: String) :Product{
        val p = createProduct(owner)
        registerProduct(p)
        return p
    }
    abstract fun createProduct(owner: String): Product
    abstract fun registerProduct(product: Product)
}
abstract class Product {
    abstract fun use()
}

IDCard.kt

package idcard

import framework.Factory
import framework.Product

class IDCard internal constructor(private val owner: String) : Product() {
    init {
        println("${owner}のカードを作ります")
    }

    override fun use() {
        println("${owner}のカードを使います")
    }
    fun getOwner() = owner
}

class IDCardFactory : Factory() {
    private val owners = arrayListOf<String>()
    override fun createProduct(owner: String): Product {
        return IDCard(owner)
    }

    override fun registerProduct(product: Product) {
        owners.add((product as IDCard).getOwner())
    }
    fun getOwner() = owners
}

元のコードは以下の本からの引用です。サンプルコードは著者さんのサイトで配布されています。リンクはAmazonアソシエイトを使用しています。

増補改訂版Java言語で学ぶデザインパターン入門

ライセンス表記

Copyright (C) 2001,2004 Hiroshi Yuki.

hyuki@hyuki.com
This software is provided ‘as-is’, without any express or implied warranty. In no event will the authors be held liable for any damages arising from the use of this software. Permission is granted to anyone to use this software for any purpose, including commercial applications, and to alter it and redistribute it freely, subject to the following restrictions: 1. The origin of this software must not be misrepresented; you must not claim that you wrote the original software. If you use this software in a product, an acknowledgment in the product documentation would be appreciated but is not required. 2. Altered source versions must be plainly marked as such, and must not be misrepresented as being the original software. 3. This notice may not be removed or altered from any source distribution.

コメント

タイトルとURLをコピーしました