げんとめブログ

VisualEffectGraphのブロックを見てみる

コンテキスト(UpdateやInitialize)の中に入っているものがブロックと呼ばれています

パーティクルの一粒ごとの色々を設定するものです。

自分なりに解析していきます。

順不同

自分で使ってみながら書いてるのと、ソースコードまでは読んだり読まなかったりなので正確な情報ではないかも。

Set Position(図形)

SetPositon(Thorus,Box,Circleとか)は図形の形にそってランダムにパーティクルを発生させる。

下の動画はSetPosition(AABox)。

https://gentome.com/gentomeblog/wp-content/uploads/2019/06/movie.mp4
Box型に沿ってパーティクルをランダムに発生。

PositionMode



Position Sequential(図形)

図形の形にそって順番にパーティクルを生成する。時計みたいなのとか作れそうです。公式のサンプルでARレーダーの目盛り盤のとこに使われてました。

動画はSequential(Circle)です。PerticleIDというノードを使って8個ごとにサイズを変更しています。

https://gentome.com/gentomeblog/wp-content/uploads/2019/06/movie-1.mp4
Modeの違い--PerticleIDはループせず順番にインクリメントされているようで。

Exit mobile version