asmdefファイルをEditor以下に自動追加するエディタ拡張

AssemblyDifination何かと便利です。

コンパイル早くなったりするし。プロジェクト大きくなるほど効果があると思います。

ただ、Editorフォルダがあるアセットとかだとすごく面倒なことになります。Editorフォルダに別にasmdefファイルを置かないといけないからです。

Editorフォルダが10個あったりしたら10個作らないといけないはずです。大変な作業になります。

で、面倒だったので何とかエディタ拡張をしてみました。

自動でasmdefファイルを作って、PlatformをEditorのみにしたりするようになってます。

試しにコーギーエンジンに使ってみたら、それなりにうまくいきました。Editorフォルダ内のスクリプトが別のEditorフォルダを参照していたら、それは追加してあげないとむりです。

アセットによっては、最初からasmdefファイルを作ってくれている親切なデベロッパーの方もいます。

一応やる前にバックアップくらいとっておいたほうがいいかもしんないす。

使ったUnityバージョンは2019.1.8です。

Menu➡WIndow➡CreateAsemdefから開けます

2019/07/06改良しました。

Editorフォルダ以下でcsファイルがなければasmdefを作成しません。

参照を入れるときの処理を変更しました。