Cinemachine導入

Unityでカメラワークを作るときはCinemachineが一番手軽で最良ってことに気づきました。

自分でスクリプトを書いて付けても良いんですが、どんなアプリでもプレイヤーを追いかけるような処理になってしまうかと。そして、アプリごとに細かい動作を指定する必要もあったりすると、細かくスクリプトを記述しないといけないのは手間に感じます。

Cinemachineならカメラワークに関する機能が十分すぎるほど用意されています。

公式だけあってちゃんと動くし。

インスペクタから設定を変えるだけで、かなり細かく調整できます。

導入もPackageManagerから簡単にできます。(2018.1.0以降)

UnityEditorの「Window」➡「PackageManager」

検索欄にCinemachineと入力、「Cinemachine」を選択して右下のInstallをクリックするだけ。

Unityのアセットストアにもありますが、そちらはもう更新されてなかったかと。ストアの説明にもこちらからダウンロードするように書いてあったはずです。

もしアセットストアのバージョンをインストールしていた場合は、削除してから導入する必要があります。