I2Localizationを使ってみる[多言語対応]

概要

多言語対応はとても面倒です。翻訳そのものが大変ですし、翻訳したとしても、そのデータを管理するのはさらに面倒です。

翻訳はGoogle翻訳を使ったりすることも多いと思います。プロのサービスを使うにしても、CSV形式のファイルを取り込む必要もあるかと思います。

その手間を大きく減らしてくれるアセットです。

使ってみたらとても使いやすくて、しかも画像や音声などのファイルにも対応しているという。完璧さ。

多言語対応のアセットならこれ以外いらない気もします。これしか触ったことないんですけど。

しかもGoogle翻訳をUnityエディター内で使うことができます。

ただ、準備とかもあったのでその辺を記事にしてみます。



注意点として、Googleドライブの機能を使う必要がありますのでGoogleアカウントが必要になります。なくてもできますが、Google翻訳を使ったり、Googleスプレッドシートとの連携ができなかったり、機能が制限されます。
言語ごとにテキストやアセットを変更するだけならすぐにできますが。


導入

アセットストアからインポートすると、ResourcesフォルダにI2Languages.assetというアセットファイルが追加されます。これが多言語対応するデータそのものになります。

間違って消してしまったりしたら、「Create」➡「I2Localization」➡「LanguageSource」から作れます。

で、まずはGoogleドライブにI2Localization用のアプリを設置する必要があります。

↑画像のインストールボタンを押しまして、

「公開」タブから「ウェブアプリケーションとして導入」➡「更新」と進み、アプリケーションがGoogleアカウントにアクセスすることを許可します。

このウェブアプリのURLを、ユニティ画面に戻ってから、I2LanguageSource.assetファイルのインスペクタ―画面から、「SpreadSheets」タブ「Google」のURLに張ってVerify(確認)ボタンを押す。

これで、ウェブアプリと連携して、Google翻訳を使ったりGoogleスプレッドシートに翻訳データをインポートやエクスポートできるようになりました。



使う

翻訳するテキストデータや画像データはI2LanguageSourceアセットのインスペクタ―画面の「Term」タブから編集します。

使うときは「Localize」コンポーネントを付けます。



そんなわけですごく便利なI2 Localizationでした。

多言語対応を考えているならぜひとも使ってみては?

まあ、僕は使ってみてもDL数そんなに伸びなかったんですけど……。やっぱりアプリ自体が面白くないとなあ……。