UnityのStandardAsset内のUtilityが思ったよりも色々あった

UnityメニューのAssetsからImportPackage、StandardAssetに含まれてるUtilityの中にあるもので出来ること一覧。 使ってみたら追記する予定。
最初からこういうの使えばよかった。……とは言っても、簡単なものばかりですし、そのままじゃ上手く動かない? のもいくつか混じってる気もしますが。
  Utilityフォルダ内にたくさんスクリプトが入ってました。 これ使ってれば自分で書く必要なかったなってものが沢山あったのでせっかくだからMEMO。 追記:スクリプトからこういうことが出来るみたいな、初心者向けの機能紹介みたいな感じのアセット?  

ActiveTrigger

トリガーコライダーが発生したとき、6種類のアクションを起こせる。アクションはEnumで定義されている。 Targetにはアクションを起こしたいオブジェクトを指定。Noneの場合はこのコンポーネントを持っているオブジェクトになる。 アクションを起こす回数も指定できる。 Trigger Targetに設定したオブジェクトとその子にもトリガー判定が発生。 Replace Targetに設定したオブジェクトをSourceに設定したオブジェクトと入れ替える。TargetをDestroyして、同じポジションとローテーションでInstantiateするっぽい。 Active Targetに設定したオブジェクトをActiveにする。 Enable Targetのコンポーネントをオンにする。 Animate TargetのAnimaterをプレイさせる。 Decactive Targetのオブジェクトをノンアクティブにする。

AlphaButtonClickMask

AutoMobileShaderSwitch

モバイル環境でシェーダを変えれるやつかと。 #if Unity_Iphone || Unity_Androidとかで分岐させてあるようです。

AutoMoveAndRotate

ファイル名通り、オブジェクトが自動で回転する。 TimeScaleを無視するかどうかも設定できるっぽい(Inspectorから見た感じ)。

CameraRefocus

カメラを追従させる。MonoBehaviourを継承してない。クラスとして呼び出して実行する。

CurveControlledBob

DragRigidbody

クラス名通り、RigidBodyを持っているコンポーネントにつけると、ドラッグしたら動くようになる。ただ動き方はイマイチな気も。要改良。

DynamicShadowSettings

EventSystemChecker

数行だけのシンプルなスクリプト。シーン内にEventSystemコンポーネントを持つオブジェクトが無かったら、追加する。 FindObjectOfType<EventSystem>()を使っている。

FollowTarget

Targetにくっついていく。 どれくらい離れてついていくかの、オフセットも設定可能。単純だし短いスクリプトだけど使いやすいかも。

ForcedReset

FOVKick

FPSCounter

ファイル名通り、FPSが表示される。 [requirecomponent]属性がついているので適当なオブジェクトにつければそのまま使えそう。Canvasも自動で追加されるのかは不明。textにつければそのまま使えます。

LerpControlledBob

ObjectResetter

ParticleSystemDestroyer

PlatformSpecificContent

SimpleActivatorMenu

SimpleMouseRotator

SmoothFollow

良い感じにターゲットの後を追従する。 回転の設定なんかも可能。カメラにつけて使ってみるといいかも。

TimedObjectActivator

TimedObjectDestructor

指定秒後にオブジェクトをデストロイする。AwakeでInvoke処理を呼び出しているというシンプルなスクリプト。

WaypointCircuit

WaypointProgressTracker