JSONをjavaで使う

JSONが何かすら知らなかったんですが、データを記述するxmlみたいな言語だそうで。

オブジェクトと配列を組み合わせて使えるそうです。

JSONでいうところのオブジェクトはMap形式のデータ構造みたいな感じのようで。

例としては、

{

name: gentome,

age: 20,

male: man

}

↑オブジェクトの書き方はこんな感じ。↑

[

10,20,30,40,50

]

↑配列を使うときはこんな感じ。↑

値同士はカンマで区切ります。

混ぜて使うこともできます。

{

nationaly:[japan,america,russia]

}

まとめると、

オブジェクトは{Key:value}の形式で記述 {中括弧でくくる}

Key:valueのペアは,(カンマ)で区切ります。

{key:value , key:value , key:value}

配列は  [ value,value,value] の形式で記述 [大括弧でくくる]

そしてvalueに入れられる値は、

文字列、数値、真偽値、null、オブジェクト(ペア)、配列

という感じ。

JAVAで使ってみよう

javaで使うには「JSONObject」「JSONArray」というのを使うようで。

JSONObject object = new JSONObject(“json形式の文字列”);

JSONArray array = new JSONArray(“json形式の文字列”);

という使い方。

{ data: value}

とかをそのまま入れればいいのかな?

出来ました。

↓がJSONObjectの持つメソッドです。こんな感じで簡単に取得できるようです。

↓はJSONArrayの持つメソッド

取得さえできれば使い方にはそんなに困らないかもしれません。

アプリで使うには、JSON形式の文字列をダウンロードできればネット経由でデータをもらえそうな気がしてきました。

まだHTTPの通信の仕方さえ知らないけど、まあなんとかなりそうな気がしないでもない。