勉強に使った本

勉強に使った本たち。

一つの記事にまとめてみたり。


スラスラわかるHTML&CSSのきほん 第2版

ホームページ作るときに色々参考にした本

ワードプレスを使ったから、大体テンプレートでうまくできたけど、それでも細かいところは変える必要がありました。

多少は基本の知識が必要ってことで買いまして。

最近、改訂されてスマホ用のモバイルサイトの書き方も載っているらしいです。

自分が買ったのは半年前くらいなので、PC用のみでしたが。

WordPressやJimdoなんかもあるので、ホームページを作ろうと思ったときにHTMLやCSSの知識はそこまで必要ないかもしれません。

しかし、やはり基礎は必要だと思います。サイトを修正するときいちいち詰まってしまいます。





基礎からしっかり学ぶC#の教科書

Unityを使いたい。

と思ったので、Unityのスクリプト言語であるC#を覚える必要がありました。

そんなときに、書店で買ったC#の参考書がこれです。

C#の成り立ち、どんな考え方で設計されたプログラム言語か、プログラム自体の基礎、そしてC#特有の構文が書いてあります。

この本を読んだときに、僕は、javaの知識があったので(初心者卒業程度)、割とすらすら読めましたが、プログラム初心者だと少し戸惑う部分があるかもしれません。

プログラムの基本である変数だったり配列だったりについての説明は最小限になっている気がします。

C#のデリゲートや非同期処理なんかの解説がしてあるので、今でも忘れたときに読み返したりします。

ある程度習熟して、ちょっと思い出したいときには良い書き方がされているんじゃないかと、個人的には思います。

無駄なことが書いてないので、必要なテキストを見つけやすいです。

すでにほかの言語を習得済みで新しくC#の世界に入るときにはとても良いと思います。

他の入門書にも書いてあるプログラムに共通する考え方を何度も見たくないですし。




スッキリわかるJava入門 第2版 (スッキリシリーズ)

Javaの入門書です。

ただ、プログラムの入門書として一番良い本なんじゃないかと思います。書籍をレビューしているサイトはたくさんありますが、この本の記事で悪く書いてあるところは見ない気がします。

アプリを作りたくて、この本を最初に買いましたが、プログラムに対する知識や考え方がわかりやすくまとめてあり、オブジェクト指向の考え方がすんなりと頭に入ってきました。

入門書として、最適だと思います。

javaに限らず、プログラムの知識が一番身につく本だと思います。




スッキリわかる Java入門 実践編 第2版 (スッキリシリーズ)

スッキリわかるJava入門の実践編になります。

前回の入門編を読み終えた人が次に読むべき本だと思います。

自分でアプリを作ろうと思ったときに、前回の入門編だけでは足りない知識をわかりやすく補足しています。

文字列処理、変数の少し入り込んだ説明、デザインパターンの一例、会社でチームとしてプログラムを組む時に必要になるであろう知識。

これを読み終えれば、Javaの扱いは十分なものになりそうです。

わからないことがあったときにも、自分で答えを見つける力が身につくと思います。




Unityではじめる2Dゲーム作り徹底ガイド

C#についての記述はほとんどありません。C#の入門は別な本を買うことをお勧めします。

Unityを初めて使うときに買った本です。

2Dについて、それと、Unityを導入するところから書いてあるいわゆる入門本。

約670Pある分厚い本。

タイトルの通り2Dゲームを作るときに役立つヒントが書いてあります。

僕が2Dのゲームを作りたいから、2Dゲームの知識について書いてある本を購入しました。

Unityのエディタ―画面の見方、オブジェクトの操作の仕方、コライダーや接地判定の処理だったり、Unityを扱う基礎を2Dに直して書いてあります。

少し内容が古いところがあります。発行日が2014/11/07なので、この本で使っているUnityのバージョンは4.Xです。

しかし、入門の本として購入しても、読み終えるころには基礎ができると思います。2Dのゲームを作りたいなら、これでも十分かもしれません。

新版が出てくれればいいんですけど。




UnityゲームUI実践ガイド

体力の表示や説明画面など絶対に必要になるUIの知識について書いてあります。

著者さんは「宴」というAssetを作っている方だそうです。自身の習得されたUIについての知識を細かくわかりやすく書いてあります。

約180ページくらいの比較的薄めの本ですが、UIについてのみ書いてあるので、内容としては十分です。

Text、Canvas、ImageなんかのuGUIについて、インスペクタ―の項目1つ1つを丁寧に書いてあります。読み終えると、どのインスペクタ―の項目をいじれば、どの辺が変わるのか、理解が深まると思います。

付録として、UIを作るのに役立つAssetについての紹介があります。iTweenについてのちょっとした使い方が載ってたんですが、全く知らなかった僕にはとても参考になりました。

2015/03/11に発行された本ですが、十分参考になります。




Unity ゲームエフェクト入門 Shurikenで作る! ユーザーを引き込む演出手法

Unityにはパーティクルシステムというのがあります。

それについての解説本なわけですが、サンプルデータを使った例がずらっと記述してあります。

ParticleSystemのインスペクタ―項目すべてについて解説されているわけではありません。

ただ、「雨」だとか「ステータス異常」などのパーティクルシステムで表現することになるであろうエフェクトのサンプルデータがとても参考になりました。

パーティクルシステムでどんなことができるようになるか、知りたい方にはお勧めできます。

深い知識が欲しい方には物足りない本になってしまいそうです。




Blender 3DCG モデリング・マスター

blenderを覚えたくて買ってみました。

amazonでベストセラーのマークがついていただけあって、とても覚えやすい。

blenderの独特な操作について、第一章でざらっとおさらいしてありましたが、それが一番助かります。

一度、本を見ることなく直接触ってみたんですが、思うとおりに動かせませんでした。

入門サイトを見てみても、中々こまかい操作を一つ一つ説明しているところはなかなか無く、操作ごとにサイトを探す必要が出てくるので、一冊の本にまとまっていると、やはり助かります。

入門ですので、基本操作のみになるわけですが、blender初心者やモデリング初心者は、買ってみる価値は、十分にあると思います。

アニメーションについては書いていません。ポリゴンメッシュのモデリングが主な内容です。モデリングのみですので広く浅く知りたい方は別な本の方が良いかも。

読んでみて初めて作った顔がこちら。

操作方法はばっちりです。




WordPressのツボとコツがゼッタイにわかる本

ホームページを作るときに参考にした本です。

WordPressの存在すら知らないときに買いました。

ホームページを作るツールとして、ホームページビルダーくらいしか知らなかったので、こんなに良いツールが無料であるのかと驚きましたが。

細かい設定が出来たり、拡張性もあり、多数の人がツール開発に参加していることが、WordPressの強みだと思います。

ですが、自分好みにしようとすると少し設定を変えたいだけでも、設定項目が多すぎてどこをいじればいいか、いちいちサイトから情報を集める必要が出てくることがあります。

この本を読むと、基盤となるWordPressの考え方が身につくと思います。

架空の会社のホームページを、WordPressを使って作り変えようという流れで説明がされていきます。
その過程で、WordPressの基盤ファイル構成やファイルにどんな意味があるか、拡張するにはどうするか、使いこなす上で必要になる知識や考え方について、説明されていました。
これを覚えれば、テンプレートファイルを使ったときにも、設定を変えるときにどこを変えれば良いかの判断が出来るようになるんじゃないかと思います。



スッキリわかる SQL 入門 ドリル215問付き! (スッキリシリーズ)

データベース専用の言語であるSQLについての解説本です。

アプリでデータベースが使えたら良いなと思って、そのために、SQLというものを覚える必要があることに行き着いて購入しました。

スッキリシリーズは良い教本ばかりだと思いますけど、これも間違いなくお勧めできる内容だと思います。

初心者が読むには最適かと。

僕も全く知らない状況から読みましたが、すんなり頭に入ってきました。

分厚い本ですが、すらすら読めるので、そこまで苦にならないのではないかと。

データベースに送る命令の基本と、副問い合わせ、トランザクション、データベースそのものの考え方が書いてあります。

実際にデータベースを作るときの考え方も書いてありました。

入門書なので、これ一冊ですべてができるようになるわけではありませんが、これからデータベースを使おうと考えている人には最適だと思います。

ストアドプロシージャや自分で複雑な処理をつくることについては、あまり触れられていません。




Blender標準テクニック ローポリキャラクター制作で学ぶ3DCG

Blenderの勉強に使った本です。

Blenderの教書として2冊目に買いました。

Blenderの初めての入門書としては難しいかもしれません。

内容としては、モデリングが主で、マテリアルとテクスチャ、リグとアニメーションの基本について書かれています。テクスチャのベイク処理についても。

本の進み方としては、この本でのオリジナルキャラクターのイラストがあって、それをCGモデルで作ろうという流れになっています。

下絵をもとにモデリングをするときの、著者さんの作成の段取りが丁寧に記述してありました。

Amazonの評価なんかだと、低評価のレビューも見られますが、「自分で実際に作業して覚える」という本の流れがあるので、そこが厳しく感じるんじゃないかなと思います。

「自分で考えながら作業してもらう」という流れで、その中で著者さんが実際に作業するときに気を付けることや、効率的な方法も記載してあるといいますか。

著者さんの実際の作業をトレースしていく感じなのかと思います。

ただ、モデリングという作業の中で、そこだけは避けて通れないことだろうとも思ったりしますので、本の内容の是非が問われることではないとも感じますが。いや、僕も素人に毛が生えた程度なんで断言できませんけど。

本を読み終わるのに結構時間はかかると思います。